リウマチ情報ポータル

リウマチ患者さまと
そのご家族の皆様へ

リウマチはどんな病気?

監修:東京医科歯科大学 名誉教授 宮坂信之 先生

目次

どんな症状がみられますか?

関節だけでなく、全身にさまざまな症状がみられます。

1. 全身に起こる症状

リウマチには活発に悪さをする時期 ( 活動期 ) とそうでない時期があり、活動期には、からだのあちこちに症状が出やすくなります。微熱、体重減少、貧血、リンパ節の腫れなどのほか、目や口が乾いたり、息切れ、だるさ、疲れを感じることもあります。

2. 関節に起こる症状 ( 図3 )
( 1 ) 朝のこわばり

リウマチに特徴的な症状です。からだや関節周囲のこわばりが、特に朝に強く現れます。リウマチが悪いと長く続きます。

( 2 ) 関節炎

関節は熱っぽくなって腫れますが、赤く腫れることはまれで、動かすと痛みが強くなります。こうした関節炎は、手首や手の指の付け根、第二関節、足の指の付け根などの小さな関節のほか、足首、肩、ひじ、ひざ、股関節などの関節に起こることもあります。左右対称に起こったり、あちこちに移動するのが特徴です。

( 3 ) 関節水腫 ( かんせつすいしゅ )

関節が炎症を起こすと、関節の中にある液が大量にたまることがあり、この状態を関節水腫とよびます。これがひざ関節に起こると、ひざのお皿の周りが腫れたり、ひざの裏側が袋状にふくらみます。

( 4 ) 腱鞘炎 ( けんしょうえん )

腱は手や足の筋肉が骨に付着するところにあり、腱鞘という刀の鞘のような組織でくるまれています。腱もしくは腱鞘に炎症が起こると、腫れて指などの動きが悪くなります。いわゆる「ばね指」は、腫れた腱が腱鞘の中を引っかかりながら動くことで、指がばねのように弾みます。

( 5 ) 滑液包炎 ( かつえきほうえん )

滑液包は、関節の周囲にある袋状の組織で、関節の摩擦を減らすゼリー状の滑液が入っています。ここに炎症が起こると、さらに滑液がたまって腫れ、痛みます。滑液包炎は、ひじや足関節、ひざの前面によくみられます。

( 6 ) 関節変形

リウマチが進行すると、関節が破壊され、筋肉も萎縮するなどして、関節が変形します。外反母趾のような形や、手足の指が外側を向いたり反り返ったりなど独特の形状がみられ、これらは総じてリウマチ変形とよばれます。

( 図3 ) 関節の症状が出やすい部分
肩、ひじ、股関節、ひざ、足首
手の指の第二関節、手の指の付け根、手首、足の指の付け根
3. 関節以外に起こる症状 ( 図4 )
( 1 ) リウマトイド結節 ( けっせつ )

ひじやひざなどにできやすく、大きさは米粒大から大豆程度までさまざまですが、痛みはありません。

( 2 ) 肺障害

リウマチでは、肺に障害が現れることがあります。リウマチ肺とよばれる間質性肺炎 ( かんしつせいはいえん ) や肺線維症は、症状として息切れや空咳などがみられます。また、肺に水がたまる胸膜炎 ( きょうまくえん ) が起こることもあります。なお、リウマチの治療薬や感染症でも肺障害を起こすことがあるので、その原因についてよく調べることが重要です。

( 3 ) 悪性関節リウマチ

リウマチでは、まれに血管に炎症が起こって症状が重くなることがあり、このような状態を悪性関節リウマチとよびます。太い血管の炎症では、心筋梗塞や間質性肺炎、腸間膜動脈血栓症などを起こします。手足の細い血管の炎症では、皮膚潰瘍や神経炎などを起こします。

( 4 ) 二次性アミロイドーシス

リウマチの強い炎症が長く続くと、アミロイドというタンパク質がからだのあちこちにたまるようになります。アミロイドが腸管にたまって下痢を起こしたり、心臓にたまると心不全、腎臓では腎不全の原因になります。

こうした症状を起こす前に、適切な治療を受けることが大切です。

( 図4 ) 関節以外に起こる可能性がある症状
 ( 図4 ) 関節以外に起こる可能性がある症状

目次